制作事例

奨励賞をいただきました(第13回射水市展)

私の故郷である富山県射水市で、射水市展が開催されました。

会期:2018年10月16日(火)〜21日(日)
会場:高周波文化ホール(射水市新湊中央文化会館)

故郷の芸術展を盛り上げよう!と、東京からはるばる2メートルほおどの大きな墨刻作品(古代文アート)を送りました。私は東京にいながらも、実家の家族に搬入作業を託し、おかげさまで無事搬入完了の連絡を得て、ホッとしていました。

そしてその日、実行委員会から「奨励賞」受賞のご連絡をいただきました〜!!

今回奨励賞をいただいた作品

墨刻「天に陟る」奨励賞

タイトル:天に陟(のぼ)る
サイズ:900mm×1800mm
古代文字の解説:
上=「陟」。神が神悌(はしご)を階して登る意。神悌と左右両足のあしあとの形の組み合わせ。
下=「天」。人の正面形に円の頭部を加えた形。人の最も高いところを天といった。

会場風景

正面突き当たりの奥で光っています!!

出品・入賞状況一覧

部門 日本画 洋画 彫刻 工芸 写真 デザイン
一般出品数 14 31 2 13 34 25 6 125
入賞数 5 9 1 4 9 7 2 37
招待者、運営委員等出品数 9 17 2 4 13 7 0 52
合計 23 48 4 17 47 32 6 177

今回、いただいた賞は小さな賞ですが、書道ではない「墨刻」が書の分野で審査対象になるということがわかり、とても励みになりました。

地元商店に場所を移し展示

せっかく富山に送ったこの大きな作品。一週間で解体してしまうのはもったいないので、展覧会後も小杉駅前の商店「いせろや」さんにて展示しています。
ご協力いただきました「いせろや」さんでの墨刻展の様子もアップしていきます!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

注目記事

最近の記事