制作事例

花見登山? 高尾山〜陣馬山縦走路をハイク

実はサボっていました

最近どこ登ったの〜?と聞かれても。んー最近登ってないなあ。って曖昧に誤魔化した返事をしていましたが、実は去年1年間も山登りをサボっていました!!

2015年に2回富士山にトライして、高山病の苦しさをたっぷり味わって以来、山から足が遠のいていました。低山なら高山病になるはずもないのに。。。

1年も自然から離れると、自分の根本から離れていくようで、自分の本心が見えづらくなっているのではないかと感じました。そこで今年は、自然が恋しくなりまた登るぞー。と意気込んでいます。

花見登山?より名物なめこ汁

今年の初トレッキングは、高尾山から陣馬山への縦走路9.8km。長めだけど緩やか。7時間程の行程。花見登山になるかと期待したけれど、標高は低いし暖かいので、ほとんど桜は散っていました。

その代わり、いろんな種類のスミレに元気を貰え、これから出ますよ!って樹々の新芽がピカピカしていました。

高尾山頂上には桜が少し残っていました。

なまった身体で早くも脚が上がらなくなり、下ばかり見て歩いていると、可憐なスミレが励まし続けてくれました。

高尾山〜城山〜景信山 〜堂所山〜底沢峠〜明王峠〜奈良子峠〜陣馬山〜新道登山口〜陣馬高原下バス停
このコースは各ポイントに茶屋があるので、食料やガスを持たなくても暖かい食べ物を確保できます。
名物なめこ汁は茶屋によって、味やなめこの種類が違うので選んでみるといいと思います。塩気が濃いめでしっかり出汁の効いたなめこ汁が疲れた体に染み渡ります。
茶屋では、木の板の隙間が空きすぎているのベンチに座ってしまい、はまってしまいそうになるハプニングに、「ランドネ5月号」の付録のエアクッションが大活躍!!
ランドネのブログはこちら

ほとんどの登山道が綺麗に整備されています。

眺めが最高

 

景信山からの眺望が素晴らしい。この景色を眺めながら名物のなめこ汁でお昼ご飯を食べるのがオススメ

陣馬山頂上からの眺めは360度見渡せて、景信山よりももっと素晴らしいのです。写真を撮り忘れてしまいましたが、芝生が綺麗でしばらく寝転んでお昼寝タイムの方々が多くいました。私もゴロゴロしたかったなー。

帰り方

結構急斜面な新道登山口まで下り(40分)、登山口からは陣馬高原下バス停まで(20分)はアスファルトの一般道を下ります。

結構急斜面が続きます。しっかりシューズの紐を締めなかったので、つま先が痛くなっていましました。

バスは各時間25分に出ていて(2017年4月16日現在)、高尾駅まで30分ほどで到着します。

縦走初心者にぴったりのコースだと思います。

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

関連記事はありません。

注目記事

最近の記事

イラスト素材・ベクター素材のピクスタ